2013年11月18日

通勤や外回りもOKなクロックスのパンプス!ジアンナ ヒール ウィメン(crocs gianna heel w)

DSC09491.jpg

合わせやすいデザインと履きやすさで重宝しているクロックスのパンプス。
クロックスというと木靴タイプの穴あきサンダルのイメージが強いけど、会社に履いていけるようなデザインのパンプスタイプもあって、隠れたヒットアイテムなんです♪

私自身もウェッジヒールタイプのキャップトゥ ウェッジを愛用していて、普通に会社に履いて行っていますw
今回は、2013年秋冬コレクションの中から、エナメルの切り替えしが印象的なデザインのパンプスをモニターさせていただきました。

このシンプルなデザインのパンプスは、クロックス ジアンナ ヒール ウィメンiconというシリーズで、約5cmのヒール付き。
一見、普通のパンプスにしか見えないでしょ??

DSC09498.jpg

エナメルの部分使いがアクセントになったデザイン。
意外とホールド感のある履き心地です。

DSC09500.jpg

真横から見てみると、こんな感じ。
歩きやすい高さのヒールで、ヒール部分もクロスライト素材でできているので、足への衝撃も軽減されているはずw

実際に歩いてみると、普通のヒールの靴のようにヒール音がコツコツ鳴らないところも特徴です。


DSC09495.jpg

足裏部分はクロックスらしいデザイン。
ブラックの場合はインソールが紫のアクセントカラーになってて、この色の組み合わせもクロックスっぽいですね。

気になるロゴは、このインソール部分と靴底にしか入っていないので、ビジネス用としても使いやすいです♪

DSC09501.jpg

愛用中のキャップトゥ ウェッジと比較してみました。
ヒールの高さは同じなのですが、トウのデザインがジアンナの方が丸い感じかな。

実際にはいてみても、ウェッジソールよりつま先がゆったりしていて、足指先が締め付けられる感覚があまりなくラクです。

DSC09503.jpg

後姿を比較。
ウェッジヒールに比べて、ジアンナは普通のヒールのデザインなので、少しほっそり見えますね。

DSC09505.jpg

インソールのデザインは少し異なっていて、比べてみるとこんな感じ。
どちらもストッキングが中で滑るようなことはないけど、ウェッジタイプの方がスッキリしたデザインなので、客先やお座敷タイプの飲食店で靴を脱ぐ時も安心感はあるかも。。

DSC09513.jpg

実際に履いてみるとこんな感じ。
つま先に丸みがあるので足指先の締め付け感が緩めで、長時間履いていても疲れにくいです。
エナメル部分が程よく足をホールドしてくれる感覚さえあります。

同色の素材違いのアクセントデザインだから、洋服にも合わせやすいし、重宝しそうです。
雨の日でも気にせず履けるし、汚れてしまってもお手入れが簡単なので毎日気軽に履けます♪
普通のパンプスを買うことを考えれば、コスパもいいしねw

シンプルなデザインだし、通勤レギュラー入り確定です!!

DSC09491.jpgクロックス ジアンナ ヒール ウィメンicon
ドレッシーなヒールスタイルがついにクロックスから登場。マイクロファイバー付きの「クロスライト」素材のインソールで快適な履き心地。アッパーにパテント素材のデコレーション。アウトソールはラバー付きで、歩きやすさと耐久性を向上。








【ブログランキングに戻る】
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  




なんちゃって節約生活TOP >>> ファッション >>> 通勤や外回りもOKなクロックスのパンプス!ジアンナ ヒール ウィメン(crocs gianna heel w)


posted by うさちん at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。