2014年01月29日

スカーゲンの腕時計(233SSSB/SKAGEN)の電池交換をしました。

スカーゲンの腕時計(233SSSB/SKAGEN)の電池交換

2011年に購入したSKAGENスカーゲンの腕時計233SSSBが年末に電池切れになってしまい、やっと電池交換してきました。
購入してから2年半以上愛用していて、初めての電池交換です。

このデンマークデザインの腕時計はグッドデザイン賞受賞の233シリーズで、一番厚い所で6mmという「ウルトラスリム」と称される薄いケースが特徴。
とても軽くてスリムなので付け心地が軽く、文字盤も見やすく機能的です。
お手頃価格でデザインも良く、故障や遅れもないし、とてもお気に入りなんです♪

が、電池交換するのは思いのほか大変でした。。。

購入前にリサーチした時には、近所の時計売り場で「ソニーの電池で交換できますよ」と聞いていたのですが、その時計売り場がなくなってしまったので別の時計屋さんなどで依頼しようとしたら、「メーカー修理で1ヶ月くらい掛かります」と言われたり。。。
デパートの時計売り場(の修理コーナー)ですら「この時計はケースが薄すぎて、裏蓋をはずす時にガラスが割れることがあるからメーカーに出さないと無理です」と言われたり。。。

デザインの売りである薄すぎるケースがネックらしく、なかなか電池交換できずにいたところ、「ビックカメラで980円であっさり交換できた」という口コミを見つけたので、さっそく新宿へ。
東口近くのヨドバシカメラで聞いてみたら「1,575円掛かります」といわれたので、一旦保留してビックカメラに持ち込んだら「980円です」とのことで即依頼しました。

作業時間10分ほどでサックリ完了。
復活したスカーゲンを早速腕に付けて帰りました♪

DSC00025.jpg

ちなみに写真のこの部分に時計用のマイナスドライバーを引っ掛ければ裏蓋が開く仕組みなので、自力で交換することもできるようです。
電池はSONYの時計用酸化銀ボタン電池SR621SWという品番で交換できるのだそう。

私は自力で交換するのは自信がなかったのでプロにお願いしましたが、手先の器用さに自信がある方は、電池だけを購入すれば安上がりに交換できそうですね!
1度電池交換すれば3年くらいは持つそうなので、まだまだ長く活躍してもらう予定です♪

【スカーゲン関連記事】





【ブログランキングに戻る】
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  




なんちゃって節約生活TOP >>> デジモノ >>> スカーゲンの腕時計(233SSSB/SKAGEN)の電池交換をしました。


posted by うさちん at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | デジモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時計電池で世界一の信頼を得ているのがソニーだそうです、殆ど液漏れしないとかでETAも自社ではなくソニーのボタン電池でした。
Posted by 国里 at 2014年12月13日 12:54
■国里さん
お返事遅くなりまして。。
本場スイスのメーカーでもソニーの電池を採用してるなんて、すごいんですねー!!
SR621SWという品番の電池は他メーカーでも出てるみたいですけど、次に自力交換するときはソニーを選びたいと思います♪
Posted by うさちん@管理人 at 2015年04月06日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック