2015年03月09日

足が冷えて眠れない悩みを電気敷き毛布で解消!広電(KODEN)電気毛布シングルM

足が冷えて眠れない悩みを電気敷き毛布で解消!広電(KODEN)電気毛布シングルM

冷え性の私にとって冬の一番の悩みは手足の冷え。
特に足が冷えてしまうと、ベッドに入ってからも眠れずに困っていたのですが、数年前から電気敷き毛布を導入して劇的に解消されました!

湯たんぽより断然暖かく、例えていうなら「コタツでうたた寝」しているような心地よさで、ベッドに入ると幸せな気持ちになれますw
今回、母の電気敷き毛布を買い換えたので、レポートしてみようかと。

購入したのは広電(KODEN)の 電気毛布(敷毛布) シングルMという商品で、型落ちで安くなっていたのを見つけました。

電気敷き毛布全体

電気敷き毛布には全体に電熱線がめぐらされていて、ベッドのマットレス側に敷いて使います。
同じようなもので電気掛け毛布もありますが、なんとなく下側から暖める敷き毛布のほうが好みですw

この敷き毛布は140×80cmで、マットレス全体を覆うほどではないのですが、肩下から足先まで十分にカバーできています。

DSC05957.jpg

毛布の表面はこんな感じで、一般的な毛布と似た質感。
材質はポリエステル70%、アクリル30%で、家庭での水洗い(手洗いのみ)もOK。

シーズンの終わりに手洗いしていますが、洗濯機で脱水しても大丈夫だし、扱いはラクです。

DSC05959.jpg

我が家ではシーツの上、ベッドパッドの下に敷いて使っています。
ボアのベッドパッドの肌触りが良いし、普段はベッドパッドのみを洗濯すればいいのでラクチンです。

シーツと違いマットレスに巻き込まないので、コントローラーの取り付け部分と干渉しにくいという利点もあるし。

DSC05964.jpg

気になる電気代は1時間で0.68円(強の場合)とのことで、エアコンつけるよりは省エネなのかな?
寝る30分〜1時間前に強でセットしておいて、寝る時に消すようにしています。

ベッドに入ると、湯船に浸かった時のような心地よさで、冷え切った足も数分で温まります。

DSC05963.jpg

以前はレンジでチンする湯たんぽなどを使っていて、なかなか足が温まらず眠れなかったのですが、電気敷き毛布を使い出してから、足が冷えて眠れないということがなくなり本当に快適になりました♪
なにより、コタツやホットカーペットでうたた寝する時のような心地よさで、すぅっと眠れるし、ベッドで横になった瞬間に幸せに包まれる感じがたまりませんw

足が冷えて眠れない悩みを抱えている方に強くオススメ。
冷え性にとって、電気敷き毛布は冬のマストアイテムです!!



【関連記事】
足元をピンポイントで温めるミニ電気マット(CWM-401PC)が快適すぎる件。





【ブログランキングに戻る】
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  




なんちゃって節約生活TOP >>> 家電 >>> 足が冷えて眠れない悩みを電気敷き毛布で解消!広電(KODEN)電気毛布シングルM


posted by うさちん at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック