2004年10月17日

定期券購入(社会人編)

社会人だったときは、定期代が給料と一緒に3ヶ月ごとに振り込まれていました。
当時から夜は大学に通っていたので、通学用の定期と、通勤用の定期と2枚を活用していました。
購入期間はもちろん6ヶ月です。

自宅→会社→学校→自宅という生活だったので、通勤経路と通学経路が微妙に重なっていました。
通学定期の場合、購入する時の区間は厳しくチェックされます。
当然といえば当然ですが。
学校の最寄り駅をごまかすのはまず不可能です。
なら自宅の最寄を・・・ということで、私は一駅先の大きいターミナル駅までを購入していました。
切符の金額では30円差ですが、定期にすると6ヶ月でたった590円の差額だったので、かなりお得です。

通勤定期を購入する場合は、購入区間のチェックは当然ありません。
私の前の職場は東横線沿線にあったのですが、学校へ行くためには渋谷で乗換えが必要だったので、会社の最寄駅を通り過ぎて、渋谷駅までを購入していました。
通勤定期で学校まで買ってしまうと、一見損なようにも見えますが、そんなことはありません。

私は当時、平日休みだったので、会社から直接学校へ行くのは週に3〜4回で、学校からの帰宅ルートとは重複しないので、片道分しか必要ありませんでした。
差額は確か6ヶ月で10,000円位でしたが、週3回を普通切符で計算してみると6ヶ月で14,400円かかる計算なので損はないかなと判断しました。
回数券にする方法も検討したのですが、仕事での外出も多かったので、清算する手間も省けるし、仕事での分は経費として申請できるので、定期にしました。
定期代の差額の10,000円は自分のお金な訳ですから、おかしくはありません。

ただ、渋谷から学校の最寄り駅までは回数券にしていました。
この区間は週に3〜4回で片道だけでは元は取れないので、回数券にして1回分無料の方がお得だったのです。
通学区間は自宅⇔学校の1つしか申請できないので、学割も使えませんしね。


そんなこんなで知恵を絞った結果、会社から支給される定期代で全てまかなえてしまっただけでなく、お釣りも出たのです。
もちろん回数券の購入代金も含めてです。
立替経費として申請した分は、そっくりそのままお小遣いになりました。

定期代は給料と同じ口座に振り込まれるのですが、交通費を含めた立替経費は会社で新しく開設した別の口座に振り込まれていました。
なので、この講座は最初からなかったものとして考え、結婚式のご祝儀やピンチの時のへそくりとして活用していました(笑)
自分のお小遣いのほとんどが経費になってしまった月もあったりしたので、チョコチョコ補填していました(^-^;

もし、社会人学生という特殊な肩書きをお持ちの型は、定期代をもう一度よーく見直してみると、いいことがあるかもしれません(^o^)





【ブログランキングに戻る】
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  




なんちゃって節約生活TOP >>> 節約 >>> 定期券購入(社会人編)


posted by うさちん at 18:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはつです。
みっきー軍団です。
へえ、そうなんですね。
しかし、働きながら夜学とは、頭が下がります。
お体に気をつけて、がんばってくださいね。
Posted by はーこ at 2004年10月19日 01:08
たしかにすごいですよね。
私歩いて10分のところに住んでましたが、
ほとんど学校に行ってなかったような・・・
Posted by みっきー at 2004年10月20日 02:02
●はーこさん
はじめまして&ようこそ!
一度社会に出てから勉強するっていうのも悪くないですよ。
自分で学費も払うから、真面目に勉強するし(笑)

●みっきーさん
近いほど行かないっていう噂ですよ(笑)
Posted by うさちん at 2004年10月20日 03:33
試験対策のためだけに近くに住んでたような・・・
Posted by みっきー at 2004年10月20日 20:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。