2005年11月11日

雪のオーナメント


130_3051.jpg

図書館で借りた折り紙の本を参考に、紙で雪のオーナメントを作ってみました。
意外と立体的な感じにできたので、糸をつけて天井から吊るしてみたらすごくイイ感じに!

去年行ったデンマークのイルムスでのディスプレイを思い出してしまいます。
クリスマスシーズンの北欧では各家の窓にウィンドウディスプレイが設えられていて、暗く寒い帰り道に輝いて見えました。
あちらではディスプレイが外から良く見えるように、寝室以外はカーテンをしないのです。




やはり冬が長く日照時間も短い(4時には真っ暗)ので、室内での居心地を少しでも良くするためにインテリアに凝るのはうなずけます。
光と影を上手く使うのも北欧ならでは。

このオーナメントも雪にちなんで白一色にしてみました。
影ができる事でより立体的に見えるし、後ろの壁に映る影も存在感や動きを強調してくれます。
ちなみに、左上のはコピー用紙、右下のはミスドのパラフィン紙です(笑)。
あまってたので試しに作ってみたのですが、雰囲気出てるでしょ??
特にパラフィン紙は軽いので、人が動くわずかな気流にもゆらゆらと揺れてかわいいです。

まだクリスマスにはちょっと早いけど、雪のオーナメントは冬の間ずっと使えるので、飾っておこうと思います。
オススメですよ。


※作り方をこちらにアップしました。「雪の結晶のオーナメントの作り方





【ブログランキングに戻る】
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  




なんちゃって節約生活TOP >>> お気に入り >>> 雪のオーナメント


posted by うさちん at 00:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
図書館で借りた折り紙の本を参考にとありますが、他の図書館司書たちにも教えてあげたいので、その本の題名を教えていただけませんか?
よろしくお願いします。
Posted by としょかんキンム中 at 2011年11月18日 16:31
■としょかんキンム中さん
ご質問ありがとうございます。
6年前の記事のため詳しい題名は覚えていないのですが、次の記事「雪の結晶のオーナメントの作り方」の最後に紹介している本のどれかだと思います。
http://setsuyaku.seesaa.net/article/9194559.html
Posted by うさちん@管理人 at 2011年11月18日 18:58
お返事ありがとうございます。
では早速探してみます。
Posted by としょかんキンム中 at 2011年11月19日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。